猫の好きなことや猫の情報を集めたブログです

今日も猫のことを考えた

猫の好きな場所

猫が狭い場所を好きな理由

更新日:


150126_4
猫が好きな場所、それは狭い場所。

ふと気がつくと、猫が居なくなっていた。
探してみると、段ボールの中で寝ていたとか、ベッドの下に隠れていたりとか、タンスと壁の間に潜り込んでいた、なんてことは日常茶飯事なくらい、猫は狭い場所が好きなようです。

猫はどうして狭い場所が好きなのか?


猫のルーツを遡っていくと、猫のご先祖様は岩場に住んでいたらしく、当時は、寝るにしても、獲物を狙うにしても、食事するにしても、穴とか岩陰とかを利用して暮していたようで、その名残が、今現在も本能として脈々と受け継がれているのではないか、というような節があるようです。

狭い場所は猫にとって安心できる場所

狭い場所は、猫にとって「安心出来る場所」のようで、自分の身を守るため、ゆっくりとリラックスするために、狭い場所に入り込むのかもしれません。

確かに、警戒心が強い猫などは、馴染みではない人が訪れたりすると、一目散に家具やカーテンの後ろに隠れてしまって、しばらく出てこなくなってしまうこともあります。

狭い場所は、自分よりも大きな「敵」は入り込んで来ませんから、小動物である猫が自然の中で生き延びるための必要な本能なのかもしれません。

実際に、段ボール箱などに入り込んで眠る猫も多く、かなりリラックスできる場所のようです。

猫が好きな狭い場所になる物


そんなわけで、猫を飼っていると、猫のために、猫が入り込める小さな場所を作ってあげるというのは、猫を喜ばせることにもなります。

段ボール箱


最も身近にある、猫が入れる狭い場所と言えば段ボール箱かもしれません。
段ボール箱の他には、ティッシュの箱なども同様のようです。


壷や瓶なども、自分が入れるような大きさだと入り込んでしまうようです。
高価な壷や花瓶などは、猫のターゲットになりやすいので注意しておきましょう。

猫転送装置として海外でも話題になりましたが、単純にサークルを書いても猫が入り込むようで、精神的に安心できるようでしょうね。

鍋・ボウル


鍋やボウルなどのすりこぎ状の容れ物も猫にとっては心地の良い場所のようです。

狭い場所は危険な場所も


自分を守る、安心するための場所と言っても、猫にとって安全な場所とは限りません。

猫の情報を集めていると、少なからず、狭い場所に入り込んでしまって身動きの取れなくなってしまった猫の話題を見かけます。

ニュースで見かけるくらいなので、ニュースにならないものなども含めれば、かなりの数の猫が、狭い場所に入り込んだために大変な思いをしているようです。

猫がよく入り込む危ない場所


バイプ・配水管
煙突
建物等の亀裂
深い穴
車のエンジンルーム
車の下

人間の感覚では、ありえない場所でも、猫だと入り込んでしまう事も多いので、冬の寒い時期はボンネットをコンコンとして、中に猫が入り込んでいないかなどを確認したり、どこかで猫の鳴き声が聞こえたりした場合は、注意を払ってみると、猫を救うことにも繋がるかもしれません。

猫が好きな狭い場所まとめ

とにもかくにも、狭い場所が大好きな猫、
猫がストレス無く、快適に暮して行くための条件として「狭い場所」というのは外せないモノのようです。

・猫が入り込める狭い場所があれば、猫は安心できる
・猫には箱を与えましょう
・時として危ない場所もある


-猫の好きな場所

Copyright© 今日も猫のことを考えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.