猫の好きなことや猫の情報を集めたブログです

今日も猫のことを考えた

猫の好きなこと

たくさん寝るからこそ猫なんだ

更新日:


150130_1

猫のすきなこと、それは睡眠。

よく寝るから寝子。というのが猫の語源だともされるくらいに猫はよく寝ます。どうしてそんなによく寝るのだろうと思うくらいに寝る猫です。

猫が好きで寝ているかどうかはまた別として、猫と睡眠についてまとめてみることにしたいと思います。

猫の睡眠時間

猫の平均的な睡眠時間は、14時間〜16時間
子猫の場合はさらに長く、20時間程度。

成猫で実に一日の2/3、子猫になるとほぼ一日も眠っている状態ということで、人間の感覚からすると、驚愕の睡眠時間です。

そうと分ると、子猫や猫と遊べる時間というのは、実はすごく貴重な時間なのかもしれません。

猫はどうしてそんなに寝るのか?

猫はもともと狩猟動物なので、基本的に狩りをする時に備えて、あまり体力を使わないような生活をするのが基本のようです。

夜中に猫が大運動会を開始するのは、昼間に寝過ぎて眠れなくなってしまったからではなく、体力の温存のために昼間に寝て、夜には狩猟スイッチが入る為にエネルギー全開!というわけですね。

つまりは、生きるために必要な食料を手に入れることこそが肉食動物の日常のノルマであって、それ以外のことで体力を使っている場合じゃないよ。ということで、眠るのでしょう。

猫の寝姿から解る事

仰向けで寝ている

仰向けに寝て、お腹を丸出しにして寝る猫がいます。これは自然界ではあまりみられない行動のようで、お腹を出して無防備になるのは、外敵もなく、猫が完全にリラックスしている証拠。

「だらしないなぁ」と思いつつも、信頼されきっていると思うと、嬉しくなってしまう寝姿でもあります。

猫が寝ながらピクっ、ピクっと動く

寝ている猫が、時として、ピクっ、ピクっと手足を動かしたりすることがありますが、これは浅い睡眠であるレム睡眠の時の状態。

レム睡眠は実際は寝ていても、脳が起きている状態なので逆説睡眠などとも呼ばれます。

猫は深い眠りに入ることがそれほどないよないようで、浅い睡眠が基本のようです。そのため、猫が寝ている時にはピクっ、ピクっと動くことが多いわけです。

また、レム睡眠の時には、夢を見やすい状態なので、猫が何か夢でも見ているのかもしれません。

猫と睡眠のまとめ

猫はよく眠るというのは、印象だけではなく、実際に長時間眠っていることが分りましたが、よく眠ることが、猫にとっては普通のことであり、また、よく眠れる環境があるということも、猫にとっては非常に重要なこと。

起きている時間よりも圧倒的に長い時間眠っているわけですから、いかに快適に眠れるかは、猫の幸せを大きく左右するものかもしれません。

そして、猫が起きている時間は短いので、猫と一緒に遊んだり、コミュニケーションする時間も大切にしたいものだと思います。

猫と睡眠に関する参考サイト

どうして猫は寝てばかりいるのですか?(日清ペットフード株式会社)
子猫の睡眠時間について(日本ヒルズ・コルゲート株式会社)


-猫の好きなこと
-

Copyright© 今日も猫のことを考えた , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.